それは常識に抗う唯一無垢の麺

刺し身のように素材を味わう
一袋ずつ丁寧に手打ちされた
妥協のないうどんの無垢な姿。

手打ち生麺ならではの躍動感と
厳選された小麦のダイレクトな旨味。

あらゆる食材に適応しつつ存在はハッキリと主張する
料理そのもののレベルを一段階上げる食材としても活きる麺

今すぐ購入

Philosophy

うどん刺しには今を生き抜く術が備わっている






この時代を生き抜く力という本質的な意味での「強いうどん」をプロセス含めて追求しました。

うどんの本質とは「麺だけで美味しい」「食材や食べ方への無限の適応力」この二点の追求にあると思っています。

単体の強さ美味さを追求するからこそ、美味しい何かと組み合わせた時に最高の料理になります。

それは同時に今を生き抜く力と似ています。






リーマンショックや震災を経て、国も企業から助けてもらっている部分は皆さん少なからずあるかと思いますが、
それに依存をしていては足元をすくわれるのが今の個の時代です。

どこに所属していようが、一人で生き抜くという逞しさと行動力と思考力をもち、
何かを失っても潰れないということは生存戦略として重要だと思っています。

それはうどんでいうところの「麺だけで美味しい」部分にあたります。







またコロナの影響は甚大で、多くの方が苦しんでいます。

冷たいと言われるかもしれませんが、
もしそれで潰れてしまったり失われてしまったとしたら
「適応力」が不足していた結果なんじゃないかと僕は考えます。

慰めの声は時とともに消えますが、失われたものは帰ってきません。

淘汰されず、本当に心から残したいものがあるのならば、
変わりゆく時代や出来事に適応していくしかないと思っています。





それはうどんも同じです。

讃岐、福岡、伊勢、武蔵野、稲庭、と土地土地で麺も食べ方も変化し、
時代によって多くの食べ方が取り入れられ、淘汰されることなく生き残ってきました。

これらがうどんの真の強みであり、最も着目し、伸ばすべき特徴/本質だと思っています。





うどん刺しを皆さまに届けるに当たって、より満足いただけるように、
またよりうどんの本質に近づけるように考えた三つの「味わい」をご紹介いたします。

其之一「無垢を味わう」

一生地ずつ職人が丹念に製麺し、生麺へこだわる




近年美味しい市販の冷凍麺はほぼ全て、そうでないうどんもタピオカで食感や寿命を調整しているものが増えました。

しかしタピオカで調整すると小麦の風味が損なわれます。料理したらそれなりに美味しいですが、麺だけで食べても物足りません。

なので「強い麺」を表現するうどん刺しはあくまで小麦粉、水、塩のみで製麺し、麺だけでも美味しいものに仕上げています。




また、大きな塊で画一的に製麺せず、敢えてワンパッケージ毎に純手打ち※することで時間はかかりますが、一つ一つのうどんに向き合いこの世に一つしかない麺線という個性と命を持たせました。

さらにチルド便は配送料がネックになりやっていない所が多く、常温発送可能な乾麺や半生麺という状態で保存性を上げてしまうと、食感や風味が弱くなり生命を感じ辛くなります。

ですので、うどん刺しは通販の常識に囚われず「必ず」その日に製麺してその日に生の状態で発送することで、正真正銘「無垢の麺」をお届けいたします。



※純手打ちうどんとは、機械一切不使用、職人の手と足だけで一から作られたうどんのことを指し、うどん王国香川県を含め、全国的に非常に少なくなっています。

其之二「過程を味わう」

全ての発送分のうどん手打ち風景をSNSでライブ配信全公開




毎週の水曜15時~※注文状況などにより実施がない日もございます。

YoutubeFacebookTwitterにて皆さまがご注文いただいた全発送分のうどんの延し切り工程をライブ配信しています。

ライブ配信することでリアルタイムで好みをコメントで伝えてもらい麺に反映させられたり、気になるところを包み隠さず職人に聞くことができます。

通販で売られている「手打ちうどん」と書かれたものが果たして本当に手打ちか機械打ちか、予想はできても真実はわかりませんしそこに安全は見えません。

そこで誰がどのようにして作っているのかをライブで完全公開することで、ご友人やご家族にも安心してうどんを食べていただけるように努めております。

また、うどんパフォーマーとしてあらゆる場所でうどんを打ってきた小野ウどんの職人うどん捌きは必見です。

麺の太い細いだけでなく、技を見せて欲しいと言った注文にもできる限りお応えさせていただきますので、是非一度お越しいただきコメントをいただけると嬉しく思います。

其之三「食時を味わう」

全国リアルタイムでうどんの食べ方と時間を共有




毎月第二、第四金曜20:00~うどん刺しを全国十人十色独自にトッピングし(うどんカスタマイズ)それをオンラインでみんなで共有しながらバーテンダー小野ウどんが独断と偏見で評価しイジるゆるいうどん交流場。

それがオンラインウどんバー。

一人で食べるよりみんなで食べた方が美味しい。
一人で20分茹で続けるよりみんなで茹で時間を共有したらもっと楽しい。

うどんが届いてから食べ終わるまでの時間も楽しんでいただきたいという思いから、普段はお茶の水で営業しているウどんバーをオンラインにしました。

全国にある様々なうどんの食べ方をリアルタイムで共有できたら面白いんじゃないかという仮説を検証し、うどんが持つ本質の一つである「食材や食べ方への無限の可能性」を集合知をもって拡張していきます。

誰でも参加自由で、うどんがその場になくても参加可能です。

20:00 オープン
20:30 うどん一斉茹でタイム
21:00 カスタムうどん実食タイム

ちょっと覗いてみる
※第二、第四金曜の20-22時のみですが、いつでも入出は可能です。
ご自由にお試しください。

商品につきまして

内容

・生麺600g(茹で上がり約800gになります)
生麺300g(2人前)×2パックにわけていますので量はお好みで分けて茹でてください。
・うどん刺し専用出汁醤油×2
・茹で方説明書

発送と賞味期限

火曜夜までの注文は水曜に製麺及び発送します。
水曜注文分は基本的に翌週の水曜製麺発送になります。

生麺なので冷蔵での発送になり、送料が少し多めにかかってしまうことご容赦ください。
到着したら冷蔵にて保存ください。消費期限は1週間になります。
冷凍したら1か月は持ちますが、鮮度が落ちますのでなるべくお早めにお召し上がりください。

原材料

小麦粉、食塩

茹で方

小野ウどん

公式HP